テキサスのガンマン

酒場の重い扉が開くと、ガンマンが床板を鳴らしながら出て行った。静まり返った空間は、ビールの濃厚な香りと煙草の匂いで満たされていた。
しかし、あまりにも早く彼が戻ってきた。破裂するドアの音が酒場に響き渡ると、男は銃を抜き、天井へ向けて二発撃った。音が消えた後の静寂の中で、彼は大声で叫んだ。
「誰だ、俺の馬を盗んだのは? 皆、よく聞け。 これからもう一杯飲む。飲み終わるまでに馬が戻らなければ、俺はテキサスでやった時と同じことをするぞ。」
彼の言葉が酒場全体に響き渡り、静寂が続く中、彼はカウンターに戻り、ビールを一気に飲み干した。そうして再び重い扉を開け、外へと出て行った。外には、元通り馬が杭に繋がれていた。
それを見たバーテンダーが後を追い、男に尋ねた。
「それで、テキサスでは何をなさったんです?」
男はゆっくりと振り返り、微笑しながら言った。
「歩いて帰ったんだよ。」

酒場の雰囲気がリアルに伝わってきますね。ガンマンが酒場に戻ってくるときの緊張感、そしてその後の驚きの発言!ガンマンのちょっとしたユーモラスな一面を見ることができて、とても楽しかったです!

馬鹿馬鹿しい話だニャ。ガンマンが馬を盗まれたと大騒ぎして、結局テキサスではただ歩いて帰るだなんて

コメント