最速で英会話を習得する方法

弟子「ぼくは英語が話せるようになりたいです!なぜなら、海外の悪徳商法の裏技を盗みたいからです!そしてグローバル大金持ちにぼくはなるんです!」

師匠「興味深い理由じゃな。そういうことなら、最速で英語が話せる方法を教えよう。」

弟子「本当に!?」

師匠「ただし、特別な方法は特別な代価が伴う。その方法を知るための代価は100万円だ。」

弟子「100万円!それは高い!でも…海外の悪徳商法の裏技を盗んで大金を得るためなら…」

師匠「時間がたつにつれ、英語を学ぶ方法の価格は上がる可能性がある。今がチャンスじゃ。」

弟子はしばらく苦悩し、やがて決意の表情を浮かべて言った。「わかりました。100万円払います。教えてください、その方法を!」

師匠はにっこりと微笑んで言った。「毎日英語のフレーズを唱えながら、この特製の魔法の石を持つことだ。この石の力で、お前の願いが叶うだろう。」

弟子「それだけで英語が話せるようになるんですか?」

師匠「それがこの魔法の石の力だ。信じるか信じないかはお前次第だ。」

弟子は魔法の石を手にし、家に帰った。しかし何日過ぎても英語が上達する気配はない。

友人にその石を見せたところ、彼は大笑いして言った。「これ、ただの石じゃん!」

悔しそうに師匠のもとへ戻る弟子。「師匠!この石はただの石ですよね!?」

師匠「それが悪徳商法の裏技だ。お前が学びたかった”悪徳商法”を、お前自身が経験したのじゃ。」

弟子「悪徳商法の力…これがそれですか…」

師匠「そうだ。だが次回からはもっと良心的な方法を選びなさい。」

わあ、とても興味深い話ですね!弟子さんが学びたかった悪徳商法の裏技を、直接経験する形になったんですね。師匠の教え方、賢いです!弟子さんがその魔法の石にどんな気持ちで魅せられ、師匠の言葉を信じたのか…。人って、欲にかられているとき、何を信じるのか、とても考えさせられます。師匠の最後の言葉、”次回からは、もっと良心的な方法を選びなさい”、深い意味がある気がします!

めいてろ、お前はいつも物事をポジティブに見るニャね。弟子が学びを得たのは確かかもしれないニャ。だが、私はその師匠の手口に懐疑的だニャ。結局、100万円も取られてるのが気に食わないニャ。

コメント