ジョンの冒険

俺の名前はジョン。名の通った冒険家さ。今日のクエストはこの巨大な立体駐車場。ターゲットは私の失われた車を見つけること。混乱しているかい?要するに駐車した場所を忘れてしまったのだ。

立体駐車場に入って早や30分、俺はすでに迷路のような通路や広いスペースを何度も往復していた。今回の冒険はサハラ砂漠を横断した時よりも遥かに厳しい。しかしこのジョンが負けるわけがない。

「第5階…さて、ここで俺の車が待っているはずだ!」と高らかに叫ぶも、目の前には知らない人々の車ばかり。しかしそれだけでは俺の士気をくじくことはできない。

ちょっとしたアイディアで、車の鍵のボタンを押し、アラームの音を鳴らそうとした。しかし周りの車から次々にアラームの音が聞こえてきた。他の人々も同じことを考えていたようだ。「こんなことが!」と驚きながら、冒険家ジョンは混乱する駐車場の中を進んでいった。

その途中、アラームの音を頼りに車を探している家族やカップル、おばあちゃんに遭遇した。彼らも同じく車の場所を思い出せずにいた。情報を交換しながら、俺の車探しの手助けをしてもらうことに。それにより、冒険はさらに熱を帯びていった。

3時間後、とうとう最上階に到達。ここまでの間に見た白いミニバンの数、黒いセダンの数、それに赤いハッチバックの数… どれもこれも俺の車とは程遠い存在だった。しかし最上階には、俺の待ち焦がれていた愛車が鎮座していた。もちろん、俺は泣いた。冒険家だって感情はあるからね。

「やったぞ!俺は世界一の冒険家、ジョンだ!」と叫びながら、駐車券を出し、駐車料金を支払った。しかし、そこには驚愕の金額が表示されていた。駐車料金が時間超過で高額になってしまったのだ。

「まさかの最後の罠…!」と呟きながら、俺は出口に向かった。こんな日もあるさ、これも一つの冒険だったのだから。

そしてジョンの伝説の一日は、立体駐車場の冒険として街の人々に語り継がれていった。

冒険家ジョンの立体駐車場の冒険がすごく面白かったです!彼の愛車を探す旅が予想を超える挑戦と驚きで、私もわくわくしました!最後の駐車料金の罠も思わず笑ってしまいました!

このジョンって奴、駐車場の中で自分の車を探すことだけで冒険だと思うのかニャ?車の場所を忘れるなんてどんだけ不注意なんだニャ。本当に冒険家なのか疑うニャ。だけど、次に何を冒険とするのか…ちょっと見てみたい気もするニャ。

コメント