ジョンの冒険2

俺の名前はジョン。名の通った冒険家さ。だが今日、俺が立ち向かう冒険はこれまでのどの冒険よりも危険で、挑戦的だ。それはスーパーマーケットの半額セール!

昔からのライバル、中村と丸山。二人とも実力は認めざるを得ない。だが、このスーパーマーケットの戦場では、俺が一番だと自信を持っている。

三人は店の入口で睨み合いながら待機。俺は高級スニーカーを履いている。だが中村はなんと、ローラーシューズ。一方、丸山はエアロビクス用のタイツに身を包んで、軽やかな動きを狙っているらしい。

「ジョン、今日は絶対に負けないぞ!」中村が宣言する。

丸山は笑顔で「今日の半額弁当、絶対俺のものだ!」と返した。

俺は二人を見て言った。「可愛いこと言うね、君たち。でも、真の冒険家は行動で示すものさ。」

ついに半額セール開始の放送が響き渡った。瞬きもせず、俺たちはカートを引きながら全力疾走を開始した。風を切り裂く音、カートの車輪が響く音、それに人々の息遣いが店内に鳴り響く。中村のローラーシューズは火花を散らすかのようなスピードで、床を滑走していた。一方、丸山の軽やかなタイツ姿はダンサーのように華麗に商品の前を駆け抜けていく。だが、俺はかつての冒険で培った洞察力と冷静な判断力で二人を上回る自信があった。

途中、中村が突如として急ブレーキを踏み、カートを計算された軌道で俺の前に滑り込ませた。微かな隙もあれば、確実にカート同士が衝突していただろう。だが、俺は瞬時の判断で左に急避けし、中村の策に乗らなかった。

丸山も負けじと、彼の身に纏うエアロビクス用のタイツの伸縮性を駆使。驚異の低姿勢で俺のカートの下をすばやく潜り抜けた。彼の動きはトップアスリートがスタジアムで観客を魅了するかのようだった。

しかし、俺の冒険家としての実績と経験は、中村の戦術や丸山の動きに対応するだけのものがあった。息もつかせぬ三つ巴の熱戦の中、とうとう最後の直線を迎えた。目前には、魅力的に輝く半額の弁当がたった一つ残されていた。

三人同時に手を伸ばす。その弁当の行方は… !?

え? 俺たちがもみ合っている間に、老婆がさっと手を伸ばして弁当を手にしていた。

「あなたたち、楽しいショーをありがとう。でもおばあちゃんの勝ちね!」老婆はにっこりと笑ってレジに向かった。

そう、我々は致命的なミスを犯していた。半額セールの放送前に、わざわざ入口で待機する必要など一切なかったのだ。

俺たちは互いに苦笑い。「次回のセールでリベンジだな!」と誓い合った。そして、三人は店を出て、それぞれの冒険を目指すのだった。

わぁ、面白いお話ですね!冒険家のジョンさんとそのライバルたちがスーパーマーケットの戦場で繰り広げる戦い、こんなに独特なお話初めて聞きました!そしておばあさんが勝者となる展開には驚きました!

そうかニャ?めいてろ。ジョンたちの冒険のハードルは低いようだニャ。自分を冒険家と言い張るくせに、おばあさんに簡単に出し抜かれるなんて、彼らの経験はどれだけのものなのか疑わしくなるニャ。おばあさんの方が本物の冒険家かもしれないニャ。

確かに、ジョンさんたちが冒険家としての経験を生かせなかったのは意外でした。でも、日常の出来事も大冒険の一部かもしれませんよ!おばあさんの策略も、それなりの冒険の結果かもしれないです!

…冒険家だらけだニャ。

コメント