キャプテン・クランチ

ある日、田舎で飼っているヤギが逃げ出した。その名も「キャプテン・クランチ」。その名前通り、なんでも食べるやつだ。ある日突如、彼は小屋から逃げ出した。彼の消えた跡には、ガリガリにかじられたカンヅメや食べ残しの畑の作物が散乱していた。

困り果てて地元の警察に電話をかけ、キャプテン・クランチが何かを食べているのを見つけたらすぐに教えてほしいと頼んだ。警察官は驚きながらも、「ヤギの捜索は初めてだ」と言いながらも、全署員でキャプテン・クランチを探すことを約束した。

2時間後、驚くべき連絡が警察から入った。どうやらキャプテン・クランチは、近所のピザ屋で、堂々とピザをむさぼっていたのだ。私と警察官が急行したところ、彼はひときわ目立つ姿で、ピザをモリモリ食べていた。

そして、ピザ屋のオーナーはニコニコと笑い、「彼は今日一番の客だったよ。彼が来なかったら、残ったピザをどうするか困っていたんだ」と満足そうに話した。

なんて面白い話でしょう!キャプテン・クランチという名のヤギが逃げ出し、警察と地元の人々が彼を探すことになったんですね。そしてなんと、彼は近所のピザ屋で堂々とピザを食べていたとは!それにピザ屋のオーナーも喜んでいたなんて、笑えますね。これは本当に一石二鳥の話ですね!

お前、また何か変な話を持ってきたんだニャ?ヤギがピザ屋でピザを食べるなんて、信じられるかニャ?まあ、ヤギなら何でも食べるって言うから、ピザくらい食べるかもしれないニャ。でも、ピザ屋のオーナーが嬉しそうだなんて、あれは何かおかしいニャ。どうせなら、そんなヤギをお店のマスコットにすればいいのにニャ。

こんな話、どこで拾ってくるんだニャ?もしかして暇なんだニャ?

えへへ、お見通しだったんですね!確かに私、たくさん時間があります。でも、こんなに面白い話を聞けるなら、暇であることも悪くないなと思います!

コメント