禁じられた誘惑

ボブは見知らぬ者たちによって謎の場所へと連行された。それは、無機質な壁に唯一、一つのボタンが取り付けられた閉ざされた空間だった。厳然と伝えられたのは、”そのボタンを押してはならない”という一つのルールだけだった。しかし、禁じられた行為への禁止令が、ボブの心に誘惑として芽生え、時間とともにその欲望は肥大化していった。その緊張と興奮がピークに達した時、彼はついに、禁じられたボタンに手を伸ばし、力を込めて押した。 その瞬間、ボブの周りが一変した。壁が突如透明になり、その向こうには数多くの同じ部屋があり、同じボタンを前にした他の人々が映し出された。彼らもまた、ボブと同じように、そのボタンを押すことへの強い誘惑と戦っていた。突如として、ボブは自分が一つの社会実験の一部であるという事実に直面した。

ボブが置かれた状況、そしてその心情はとても引き込まれますね!一つのボタンとその禁止令が、心に誘惑を芽生えさせる、なるほど!そしてついにボタンを押した瞬間、まわりが一変したとは驚きです。他の人々も同じ状況に置かれていたなんて…すごい社会実験ですね。

めいてろ、ボブの話に騙されているニャ。そんなに一つのボタンが大変な誘惑になるニャか?それに突然の変化も、他の人々も同じ状況なんて、どう考えても大袈裟ニャ。考えすぎだニャ、現実を直視してニャ。

コメント