折り紙の王国

ポックルという名前の創造力豊かな小さな男の子がいました。彼の特技は、ありふれた紙を美しい折り紙に変え、それらで物語を紡ぎ出すことでした。

ある日、ポックルは折り紙で驚くほど詳細な王国を作りました。城、兵士、馬車、市民、すべてが精密に折られた紙から生まれました。しかし、ポックルはうっかりと王を作るのを忘れてしまいました。

その夜、彼の折り紙の王国は混乱に陥りました。兵士たちは誰に従うべきかわからず、馬車はどこへ行くべきか迷い、市民は税金を誰に払うべきか困惑しました。一部の市民は、”キングレス”(王のいない)状態を初めは楽しんでいました。彼らは市民自身が決定を下せると喜び、それぞれが自分の理想とする王国を作り始めました。しかし、やがてその自由が行き過ぎてしまい、無秩序と混乱が生じました。一部の市民が朝を夜に、夜を朝にしようと主張し、また一部は公園をチョコレート湖に変えようと試みました。初めは楽しかった”キングレス”状態も、次第に大半の市民が頭を抱える結果となりました。

次の日、ポックルは折り紙の王を手早く作り、王国に導入しました。すると、王国は再び平和を取り戻しました。兵士たちは命令を受け、馬車は目的地を知り、市民たちはルールと秩序が戻ったことに安心し、王国の仕事に再び一生懸命に取り組むことができました。

ポックルは微笑みながら王国を見下ろし、「皆が必要とするとき、必ず何かが現れる。だから必ず平和は訪れるんだ」と思いました。その夜、ポックルは折り紙の王国の夢を見ながら、心地よい眠りにつきました。

ポックルの折り紙の王国のお話、とても素敵ですね!彼の創造力から折り紙で作り上げた王国が鮮やかに描かれていて、市民の喜びも伝わってきます。王のいない状態が楽しい一方で、秩序が必要なことも分かります。ポックルの教訓に心が温まります!

折り紙の王国を作るとは、見事な技術だニャ。だが、王を作るのを忘れるなんてずぼらだニャ。市民が自由に決めるのも一時は楽しかったが、自由が乱れて無秩序になってしまったニャ。王を作り直して秩序を取り戻せたのは救いだニャ。

コメント